トップページ ≫ 製品紹介 ≫ 携帯式 食品放射能測定器
Food-Tester-G
Food-Tester-G
Food-Tester-G
Food-Tester-G

携帯式 食品放射能測定器 FoodTester-G

Food-Testは、ガンマ線のシンチレーション測定器です。 放射能元素 セシウムCs134 とCs137を測定します。
用途は、ガンマ放射線周囲の線量の測定(DER)、 食品中のセシウム検出と同位体活性分析を行うことです。
検出器は セシウム・ヨウ素 シンチレーター を採用しています。
この製品は研究所並の詳細な専門家向けの分析ではありませんが、時間も手間も掛からず 非常に便利で実用的です。
付属のタブレットPCは、測定器から受信したデータを処理し、専用ソフトによって測定結果を正確に表示します。
FoodTest の使用では測定手順を簡素化にし、 ほとんど全ての条件下で食品の大きさ、形、包装種類に関係なく、放射性セシウムの有無を知ることができます。
また、一部分サンプルのみの測定ではなく全体の測定が可能となり、 更には該当食品が栽培された土壌がセシウムを含んでいるかどうかも検出が可能となりました。



Food-Testが使いやすい

上記で述べた通り食品を検出器の表面に触れさせます。
すると研究所仕様の方法でサンプル用に使用される容器よりも はるかに大きい範囲からの放射線が検出器に入ります。
測定対象の食品状態や密度に応じて、放射線に関する情報は~50÷250リットルの食品容量から検出器に入ります。
従来の研究所の方法でサンプル採取するのと同じ要領で食品全体を検出すると、 測定は可能ですが、 回数を重ねることになるので、研究時間は長時間要し、また測定結果が表れるまで連絡待ち状態となります。
“Food-Test”は大量の食品の表面に沿って検出器をゆっくり移動させながら測定することが可能です。(または固定された検出器に対して食品を移動させながら、ベルトコンベア上のように移動させることで検出が可能です。)
よってサンプルからでは得られない、全体の測定結果を知ることが出来ます。 消費者向けの小さな食品パッケージ状態から 簡単に測定器に触れさせる方法は、便利なだけではなく、 食品全体を測ることが可能なのでより信頼性が高いのです。
また専門家ではなく一般の方でも使いこなせるように配慮した製品となっておりますので、 便利で柔軟性があり、短時間でより簡単な手順で、食品にダメージを与えることなく、 総合的に食品測定の積分と微分の構成要素の両方を測定することが Food-Testでは可能です。



Food-Testの特徴

― 携帯式で、食品が貯蔵されている倉庫、置き場などに簡単に持ち運び迅速に測定できます。
― 軽量で実用的なデザインのため使い勝手に優れています。
― 使い方が簡単で、専門知識が不要です。
― 通常よく使われる食品測定時の特定の測定用カップは不要なので食品に近づけることで測定が可能です。
― 測定する食品自体にも特別な準備は必要ございません。
― 食品以外にも土壌、貯蔵品などの放射線汚染測定にも使用できます。



仕様

検出可能な放射性物質 Cs-137, Cs-134
テスト可能食品群 乳児子供用食品 、水、牛乳、肉、野菜、果物、穀物類、乾燥食品、乾燥ハーブ、お茶類
測定単位モード設定搭載 Bqモード/Svモード
検知されたガンマ線のエネルギー範囲 50−3000 Kev
食品中の最小検出されたセシウム同位の活性 最大値0.15 μSv/h時
バックグラウンドレベル 50Bq/kg (最大値0.15 μSv/h時)
バックグラウンドレベル 10Bq/kg (最大値0.05 μSv/h時)
検知されたγ線のエネルギー範囲 0.05 MeV 〜 3.00MeV
ガンマ線測定のエラー 15%
線の線量当量率測定範囲 0,1μSv/h 〜 100μSv/h
オペレーションモード ガンマ線測定モード(プライオリティモード)
食品テストモード
食品テストモード ― 食品中のセシウム同位活性拡散測定
― 食品中のセシウム同位活性の特定アクティビティ(活性)の計算
電源 電池 単3×2本
動作温度範囲 -20°C 〜 +40°C
連続稼働時間 40時間 (電池切れまでの時間)
寸法(本体、タブレットPC別) 110×36×88mm
重量(本体、タブレットPC別) 400g
付属のタブレットPC アンドロイド用に対応しております
検出器とアンドロイドOS搭載のタブレットPC間のデータ通信は、ブルートゥースにて行われます。


本体にタブレットPCを連動させる

1. 検出器の電源ボタンをオンにします。
2. 緑のランプが点滅時は作動中。
3. タブレットPCのスクリーン上で フードテスターを実行にしてください。
4. 接続をボタンを押してください。



キット内容

― 本体とレザーケース
― タブレットPC
― 充電池用の充電器、電源コード
― 日本語の取り扱い説明書
― プラスチックのハードケース



本製品についての、日本経済新聞の記事は こちらでご覧いただけます。


ホールボディカウンター (内部被爆測定器)