トップページ ≫ 製品紹介 ≫ ホールボディカウンター

「アンチドザ」 について

ホールボディカウンター 「アンチドザ」は、高性能の椅子型の内部被爆測定器です。
この測定器はチェルノブイリ原発事故の後に、ウクライナの国家プロジェクトとして開発されました。
研究・開発を実らせたのは、キエフの 「放射医療研究所」(Research Center for Radiation Medicine)です。
( HP: www.rcrm.net.ua
以来、25年の改良を重ねて性能を高め、現在の形になりました。
ホールボディカウンターのウクライナでの商標名はスクリーナ (Screener)です。

高い評価を受けているホールボディカウンター 「アンチドザ」は、ウクライナ国内外の医療機関に導入されています。
現在、ウクライナではこの測定器が 180ヶ所に設置されています。 ウクライナ以外の各国(ロシア、ベラルーシ、ウズベキスタン、カザフスタン、ハンガリーなど)計 33ヶ所にも設置されています。
ウクライナ国内外の導入先を確認いただけるデータファイルは こちら です。

「アンチドザ」ホールボディカウンターは、1993年にベルギー・ブリュッセルで開催されたユーレカ (EUREKA) 発明・研究・新技術 第42回 世界展 にて、金賞を受賞しました。
( HP: www.brussels-innova.com
ウクライナ製だから安心して導入して頂いています。


「アンチドザ」 ホールボディカウンターの特徴

・ 検査する核種: セシウム Cs-137, Cs-134, カリウム K-40
アンチドザは全ての放射性物質のエネルギー スペクトルが表示されますので、全ての線量がわかります。 ウクライナでもベラルーシでもロシアでも同じ規格での類似品が使われています。

・ 椅子の形状やセンサーの設置方法によって、座っている人の身体を全体的に読み取ることができます。 センサーからのデータ信号は電子回路モジュールに処理され、USBで接続されているパソコンに送信されます。

・ パソコンのソフトはそのデータを画面に表示します。

・ 微量の放射性セシウム・カリウムでも、10分程度で測定可能です。

・ センサーが120°の角度で腰の辺りに設置されているため、センサーが背中の辺りについているタイプと比べ、より正確な測定ができます。 また、背が低い子どもの検査にも適しています。

日本製の部品を使用しています。 例えば、増倍管は 浜松フォトニックス製 です。センサーは高技術の結晶育成法を施して作られています。

・ 較正作業及び特許取得済みソフトウェアにより、周囲の線量を差し引いた体内の放射性物質 の数値のみを正確に表示します。

・ 最新のソフトウェアを使用しています。 メニューは日本語です。

・ 体内の汚染度が高い場合、最も効果的な薬品の選定、または放射性物質の体外除去の方法を選定します。

・ 可動式 (キャスター付)



仕様

ガンマ線量 50−3000 Kev
線量検出範囲 0.20−555 kBq
検出可能な放射性物質 Am, Cs, Co, Ru, K etc.
エネルギー依存性(0,06 ? 1,5) MeV ±25%
エネルギー分解能(セシウム 137) 10% 以下
最大統計的負荷 103 c-1未満
5分間の検査における相対誤差 ±10%
稼動調整時間 30分未満
連続稼働時間 24時間
連続稼動時における較正の不安定さ ±2% 未満
積分非直線性 1.0% 未満
寸法 1,400×800×1,100 mn
重量 100 Kg
電力 100V 50Hz
消費電力 300W未満
E = F + B. n,
E: ガンマ線エネルギー
F, B: Eによる作用, n(DSTU 26 874算出)
n: チャネルの数


不安定化要因への耐久テスト
・ 気候要因に関係なく安定稼動
・ 運搬時における気候要因への耐久性
・ 運搬時における機会的要因への耐久性
・ 消毒剤への耐久性
・ 40 A/m の磁場における耐久性
・ EMI
・ 材料および部品の品質
・ 主要供給 220V / 50 Hz;
・ 消費電力
・ 平均無故障時間、平均寿命、平均復旧時間、コーティング品質



ホールボディカウンター品質検定試験

ウクライナ国の放射医療研究所  (Research Institute of Radio Engineering Measurements)
による品質検定基準
・ 電気安全性:DSTU 3798-88 (IEC 601-1-88)
・ 火災安全性:DSTU 3798-88 (IEC 601-1-88)
・ 電磁環境両立性:DSTU IEC 60601-1-2
・ 静電放電への耐久性: DSTU 29 191
・ 機械安全性
・ 設置場所における騒音レベル: DSTU 12.1.003
・ DBN 2.5-28、SnaR



主な臨床実験実施機関

・ ウクライナ国立ガン研究所 (The Cancer Institute of the The National Academy of Sciences NAS)
・ ウクライナ臨床実験実施機関 (The Institute of Macromolecular Chemistry of NAS)
・ ロシア国公衆衛生・疫学的試験 「MoHP」
・ ロシア放射能研究所 (The Russian Research Center for Radiology)



「アンチドザ」 ホールボディカウンターの承認国

ウクライナ国:
・ 登録証明: ウクライナ厚生省 (Ministry of Health of Ukraine )
・ 測定方法についての証明
・ 機器評価の承認証明
・ 承認証明

ロシア
・ 登録証明: ロシア厚生省 (Ministry of Health of Russia )

ベラルーシ
・ 機器評価の承認証明



ホールボディカウンターの写真

写真ファイルはこちら



ホールボディカウンター (内部被爆測定器)